網膜剥離の恐ろしさとは

MENU

網膜剥離とは

網膜は、カメラでいうと、フィルムに相当する組織です。

 

網膜剥離

 

角膜(水晶体)は、レンズに相当します。角膜から入った光は、網膜に当たり、網膜はそれを電気信号に変えて、脳に伝達します。

 

これで、初めて、モノが見えるという状態になるわけです。

 

ところが、この網膜が何らかの原因で、眼球の壁からはがれてしまうことがあります。これが、網膜剥離です。

 

もう少し詳しく見てみましょう。

 

網膜は10層からできていますが、一番外側の部分を網膜色素上皮といいます。ここから内側の神経網膜がはがれてしまい、硝子体の中に浮き上がってしまった状態が、網膜剥離です。

 

この網膜剥離には、2種類あります。

 

裂孔原性網膜剥離

これは、網膜に穴(網膜裂孔といいます)が開いてしまい、目の中の水が網膜の裏側に達して、網膜がはがれてしまう病気です。最初は、穴は小さいのですが、次第に大きくなります。

 

また、穴が大きいと、網膜全体がはがれてしまうことにもなりかねません。

 

はがれてしまった状態では、光の刺激を受け取って、脳に伝えるという作業ができません。

 

また、網膜に栄養が行き届かなくなるので、網膜の機能も弱ってしまいます。そのため、後で手術をして、網膜を回復させても、いったん機能の弱ってしまった網膜では、思うように働いてくれず、視力の回復が不十分になることもあります。

 

非裂孔原性網膜剥離

 

これには、2種類あります。牽引性網膜剥離と滲出性網膜剥離です。前者は、増殖膜や硝子体が縮んで、網膜を引っ張り、網膜がはがれてしまう病気です。網膜裂孔がなくても、発生します。重症の糖尿病網膜症の患者によくある病気です。後者は、網膜の下に水が溜まって、網膜がはがれてしまう病気です。

 

網膜剥離の主な症状

裂孔原性網膜剥離のおもな症状は、次のようなものです。

  1. 飛蚊症
  2. 視野の中に蚊が飛んでいるような状態です。ただ、人によって、症状は違い、虫のような小さな点がいくつも浮かんでいたり、糸くずのようなものがゆれていたり、リング状のものが回転していたりと、さまざまです。
    この飛蚊症ですが、生理的な原因で起こることもあります。後部硝子体剥離といって、硝子体が眼球の壁からはがれてしまったときに、発生します。この場合は、特に治療をせず、様子を見ます。
    ただ、後部硝子体剥離が進行して、網膜剥離になることもありますから、眼科の定期検査は受けておきましょう。

  3. 光視症
  4. 暗い部屋にもかかわらず、光が見えたり、光を見ているわけでもないのに、ピカピカ・ちかちか光を感じる症状です。主に、目の端のほうで見えることが多いです。こちらも、網膜剥離や網膜裂孔によるものかどうかは、自分ではわかりませんので、速やかに眼科を受診しましょう。

  5. 視野欠損
  6. 視野欠損
    上のほうの網膜が剥離すると、下のほうの視野が欠け、下のほうの網膜が剥離すると、上のほうの視野が欠けます。黄斑部分に剥離が発生すると、視力が低下します。

 

次に、非裂孔原性網膜剥離の症状は以下のようになっています。

 

牽引性網膜剥離の場合は、やはり飛蚊症が発生します。出血することもあり、その量によっては、視力が低下します。黄斑部に血液がにじむと、モノがゆがんで見えます。視野欠損もあります。

 

滲出性網膜剥離の場合は、黄斑部での発生が多く、視力が低下したり、モノがゆがんで見えます。

 

ところが、上に述べたような自覚症状が出ないことがあります。そのようなケースは、発見が遅れ、かなり視野欠損がひどくなってから、眼科へ駆け込むことになることがあります。

 

症状が進行してからでは、手術などの治療効果が出にくいこともあるので、できるだけ早く眼科を受診しましょう。

網膜剥離では、毎日の生活でこんな不便や不都合が生じます

網膜剥離になると、飛蚊症や光視症、視野欠損やモノがゆがんで見えるなどの症状が出ることは書きましたが、当然のことながら、日常生活には、かなり不便することになります。

 

しかし、これらの症状が網膜剥離によるものだとして、放置しておくと、最終的には失明に至りますので、速やかに眼科を受診してください。日常生活の不便や不都合どころではなくなります。

 

次に、治療方法ですが、手術が必要です。

 

手術には、何種類かあります。光凝固術、網膜復位術、硝子体手術です。

 

光凝固術には、入院の必要はありません。網膜復位術と硝子体手術は、10日間くらい入院して、安静にします。硝子体手術の場合は、網膜がくっつくまで、うつ向けの姿勢で、安静にします。

 

いずれの手術をした場合にも、日常生活に不便を生じるので、注意が必要です。どのような不便が生じるか、見ていきましょう。

 

まず、術後1か月は、激しい運動をしないようにしましょう。走ったり、筋力トレーニングなどは禁物です。

 

次に、目を酷使するようなことはやめましょう。術後、回復までに数か月かかることもあるので、しばらくはパソコンやスマホなどは控えてください。仕事にもよりけりですが、1ヶ月くらいで、デスクワークなら、復帰できます。なお、多少目を動かす程度なら、それほど時間がたたずとも、問題ありません。

 

そして、術後は、重いものを持ち上げてはいけません。激しい肉体労働などで、重いものを持ち上げる必要のある方は、2か月は様子を見てから、仕事の復帰してください。

 

車の運転もやめておきましょう。運転の仕事をしている方は、2か月たってから、仕事に戻ってください。

 

それから、術後1週間は、洗髪、洗顔、入浴などをしてはいけません。万一目に水やお湯が入ったら、たいへんですから、必ず守ってください。

 

喫煙や飲酒も1週間以上はいけません。

 

以上、不便なことはありますが、しっかり注意点を頭に入れておいてください。

 

網膜剥離を予防するための行い

目に強い衝撃が与えられると、網膜剥離の危険性が高まります。

 

ですから、目をこすったり、圧迫を加えたりすることを日常的にやっている人は、その癖を改めるようにしましょう。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎の方は、知らず知らずのうちに目をこすっていることがあるので、注意してください。ボクサーなど、仕事柄目に衝撃を受けやすい人は、眼科の定期検査が欠かせません。

 

なにしろ、目は頑丈な組織ではありません。衝撃によって、網膜に無理な力が加わり、引き伸ばされて、網膜剥離になることもあります。事故によるものは、やむを得ないとして、できるだけ衝撃を与えるようなことを慎み、予防してください。

 

血糖値を下げる努力も大切です。重い糖尿病性網膜症では、新生血管が網膜や硝子体に伸びてきます。これが出血し、増殖膜という膜ができて、網膜を引っ張り、剥離を起こします。

 

近視の方も、網膜剥離になりやすいです。近視の方は、眼球の奥が長くなっています。どうしても、無理な力が加わるので、網膜剥離を起こしやすくしてしまうのです。
ですから、モノを見るときには、できるだけ距離を置いて、見るようにしましょう。本やテレビ、パソコン、スマホなどをあまり近い距離で見ていると、近視が進行します。

 

食生活にも気を付けましょう。食事のとり方によって、近視が改善されることもあります。目にいいという栄養は日ごろから積極的に摂取します。ビタミン、ミネラル、アミノ酸をバランスよく摂り、アントシアニンなどを含んだ食べ物を食べましょう。

 

睡眠不足も目の大敵です。近視の方は、急速に悪化します。目には適度の休息を与え、無理をしないようにしましょう。

 

もし、なにか目に異常を感じたら、速やかに眼科を受診しましょう。網膜剥離は、発見が早いほど、回復の可能j性が高まります。これも、重要な予防術です。

網膜剥離の進行を遅らせるためにルテインを摂りましょう。

眼球への衝撃による網膜剥離は、できるだけそのような行動をとらないことによって、予防可能ですが、硝子体の老化や近視による網膜剥離は、栄養の摂り方によって、防ぐことも進行を遅らせることもできます。

 

それには、アントシアニンやルティン、ゼアキサンチンを多く含む食品を摂ると、効果的です。しかし、これらの栄養素を食品から摂取するのはたいへんです。

 

そこで、おすすめするのがサプリです。そんな中から、ここでは、めなりを取り上げてみます。

 

まず、めなりは、数あるブルーベリーの中から厳選したビルベリーを使用しています。このビルベリーの特徴は、アントシアニンの量です。ふつうのブルーベリーの5倍もの量が入っています。吸収力は2倍、持続力も2.5倍です。

 

アントシアニンは、抗酸化作用が強く、老化による硝子体の変化を予防します。近視にも絶大な効果があります。

 

次は、ルティンです。ルティンは、黄斑に多く含まれる栄養素です。アントシアニンと同様、抗酸化作用があり、硝子体の変性を抑えるので、網膜剥離の予防や進行を遅らせるのに、効果的です。

 

抗酸化作用がなぜ大切なのかというと、紫外線などにより目が酸化すると、硝子体などが老化します。若いうちは、ルティンなどの栄養素が豊富にあり、この老化を予防してくれますが、年齢が進むにつれて、ルティンが減少していきます。

 

その結果、活性酸素が増え、硝子体などが老化していき、網膜剥離をはじめ様々な目の疾患を引き起こします。ですから、ルティンやアントシアニンをたくさん摂って、目の老化を防ぐことがなによりも大切なのです。

 

めなりには、このルティンを14.4mg配合しています。しかも、吸収力もひじょうに良いのが特徴です。

 

そのほか、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチン、ビタミン、ミネラルなども含み、目にはこの上なく有効なサプリとなっています。

 

目だけじゃなくて、加齢によって耳も不調を感じてませんか?
蜂の子サプリメントランキング|ツライ耳鳴りから解放され毎日快活!